HOME > 水産学科 食品科学専攻 > 教員紹介

教員紹介

後藤 慶一  教授

詳細プロフィール


後藤 慶一

食品工学研究室

キーワード

食品開発、美味しさの見える化、発酵食品

専門分野 食品微生物学、食品加工・製造学、食品衛生学
 未利用魚や深海魚を中心に、さまざまな加工法を駆使し、独自または企業や自治体と連携して食品の開発・製造を行います。 開発した製品の安全性を評価したり、美味しさを消費者に伝えるための手段も検討したりします。 原材料から商品化に至るまでの道程を学び、社会で活躍できる人材育成を目指しています。食べることや実験が大好きな方は大歓迎です。


齋藤 俊郎  教授

詳細プロフィール


齋藤 俊郎

マリントキシン研究室

キーワード

海洋毒、海水温上昇、食中毒予防

専門分野 水産生化学、食品衛生学
 専門は、海洋生物が産生・保育する海洋毒である。食品は、トマト、白米、豚肉等も、元々生物である。 人間は、生物を食べないと生きてゆけないのである。それら生物の中でも、魚類には毒を持つものが多い。そのため、毒の知識・研究が必要となる。 現在、海水温上昇で南海から本州に毒生物が移動しつつあるが、その生物の種類、毒成分、摂食による中毒予防について研究している。


齋藤 寛  教授

詳細プロフィール


齋藤 寛

生物有機化学研究室

キーワード

分析化学、機能性成分、食品廃棄物

専門分野 有機化学、食品科学
 食品中に含まれる化学物質とその役割を理解することが、健康維持に必要です。そのためには、化学分析を行い、化学物質の機能を明らかにする必要があります。 そこで、一般成分分析を中心に食品に含まれる化学物質の分析をしています。特に機能性成分を見つけ出し、それらを含む新規食品の開発を行っています。 また、食品廃棄物の有効利用に関する研究も行っています。


平塚 聖一  教授

詳細プロフィール


平塚 聖一

水産加工研究室

キーワード

鮮度保持、魚の丸ごと利用、地域水産物の価値向上

専門分野 水産加工学、水産化学、食品栄養科学
 水産加工品は地域色豊かで地域の看板商品になっているものが数多くあります。 当研究室では、主に静岡県内で水揚げまたは加工されている水産物を材料として、新商品開発や既存製品の品質向上を目指します。 そのため、加工技術開発、鮮度や栄養成分の保持技術開発などの研究を行います。

 


飯島 美夏  准教授

詳細プロフィール


飯島 美夏

海洋高分子研究室

キーワード

寒天のなかまの性質、食品中の水

専門分野 機能性食品学
 当研究室では主に海洋植物資源(海藻)由来多糖ヒドロゲルの物性、食品中の水の状態について研究しています。 特に日本人は古くから海藻由来のヒドロゲルを好んで食しています。例えば、水ようかんやところてんが代表的なものです。 これらの食品は海藻由来多糖を利用した食品です。 海藻由来多糖は水溶性食物繊維であり、機能性食品として注目されており、新たな可能性を秘めています。