HOME > キャンパス・施設紹介

キャンパスマップ

研究・教育施設案内

海洋学部には、海洋学及びその関連分野で、世界をリードする最先端の研究を行っている研究センターや施設が数多く設けられています。

海洋調査研修船「望星丸」(国際総トン数2174トン)は、海洋学部生にとって海に浮かぶもう一つのキャンパス。日本で唯一、旅客船と調査船の資格を併せ持つ多目的船です。海洋学部生の必修科目「海洋実習」や航海工学科航海学専攻の学生が船舶の運航免許「海技士(航海)」の取得を目指す「乗船実習」が行われます。また、「海外研修航海」もこの望星丸で実施しています。
清水キャンパスのある三保半島には、東海大学海洋学部海洋科学博物館(水族館)があります。クマノミから深海魚まで約400種5千尾が飼育展示されています。また、マリンサイエンスホールとロボット魚が泳ぐ機械水族館もあります。飼育実験棟では水族館の飼育魚の繁殖にも力を入れていて、そこでは学生が実習や卒業研究を行っています。多くの卒業生が全国の水族館に就職しています。
沖縄地域研究センターは、沖縄県西表島にあり、多様性に富んだ自然環境をフィールドとした研究と教育施設で、海洋学部では実習や卒業研究に利用しています。学生たちは、サンゴ、熱帯魚、マングローブなどを卒業研究のテーマにしています。この大自然に囲まれた環境の中での生活は貴重な体験となるでしょう。

海洋研究所
海洋生物研究部門、地震予知研究部門、水族生態研究部門の3つの研究部門を有しており、これらの研究組織及び海洋学部との研究協力や調査船の利用を元に海洋に関わる研究を幅広く実施してきています。特に複雑な地形と、水塊、生物相をもつ駿河湾の研究に力を入れるとともに、世界の海洋研究、海洋開発に貢献できることを目指しています。
自然史博物館
海洋科学博物館(水族館)に隣接し、館内には恐竜の骨格標本や化石の展示コーナーのほか、富士山の成り立ちや美しい季節の姿のプロジェクションマッピングも展示しています。海洋科学博物館とともに、学芸員資格を取得するための実習の場、地域交流の場として広く活用されています。
三保マリンスポーツ実習施設
マリンスポーツ関連の授業で使用する施設です。三保半島の先端にあり穏やかな三保の内海に面しています。更衣室、温水シャワーや洗面所を完備し、マリンスポーツを行う環境が整っています。また、マリンスポーツをキーワードにした学内連携や地域連携も主眼としており、マリンスポーツで賑わう三保の海の拠点を目指しています。

清水図書館
海洋学に関する専門書を中心に、図書約24万冊、雑誌約3800種類を所蔵しています。閲覧室はいつも資料を片手にレポートを作成する学生でいっぱいです。
清水教学課(情報システム担当)
教育用のパーソナルコンピュータを設置し、コンピュータ利用の便宜を図っています。特にパーソナルコンピュータは自由に授業外で利用でき、レポート作成からインターネットによる情報検索まで幅広く利用されています。また、学内に無線LANが設置されており、モバイル環境も整備されています。
清水事務課(研究支援担当)
産学連携活動に、知的財産の活用や管理機能を更に充実させ、時代の変化に応えられる組織として、今まで以上に本学園の研究活動や知的財産の状況を皆様に発信し、社会のニーズに呼応する産学連携活動を更に推進していきます。

清水健康推進室
清水健康推進室は学生・教職員の皆さんが健康に学校生活が送れるようサポートしていきますので、病気やケガの応急処置、健康相談、健康チェックなどでご利用ください。
ラ コスタ(学生相談室)
La Costaでは、皆さんが学生生活を送るうえで起こる疑問、問題について、一緒に考え、問題解決のお手伝いをします。
清水教学課(キャリア就職担当)
キャリア就職センターでは、就職活動を行う3年次・4年次の学生、大学院生のみならず入学早々の段階から学生一人ひとりの就職・進路に関してきめ細かい様々なサポートを行います。