2017年度入試に関するよくある質問及び回答(Q&A)

質問 回答
Q1 学科試験の選択科目は、出願の際、事前に指定するのですか? A1 出願の際に指定する必要はありません。試験当日に試験会場にて、志望学科が指定する科目の中から1科目を選択し受験してください。よって、各科目の試験問題を見てから選ぶことができます。
Q2 受験の際、試験場の近くに宿泊できる所はありますか? A2 次の旅行会社で近辺のホテルをご紹介しますので、直接お問い合わせください。
イーエスツアー湘南旅行センター ℡:0463-77-3522
 受付時間:月曜日~金曜日   午前9時30分~午後5時30分
      第2及び第4土曜日 午前9時30分~午後2時30分
Q3 大学入試センター試験利用入試の試験科目『国語』で、「国語」とだけ書かれている学部と「国語」(近代以降の文章)となっている学部がありますが、どのような違いがあるのでしょうか? A3 「国語」の場合は、「近代以降の文章、古典(古文・漢文)」が出題範囲となります(配点は200点)。「国語」(近代以降の文章)の場合は、「近代以降の文章」のみを合否判定に利用し、「古典(古文・漢文)」は含みません(配点は100点)。
Q4 昨年度の大学入試センター試験利用入試の合格最低点を教えてください。 A4 大学入試センター試験利用入試の合格最低点は公表していません。
Q5 公募制推薦入試を受験する場合、他大学との併願は可能ですか? A5 本学の公募制推薦入試は、「東海大学を第一志望とする者」を対象とする専願の入試ですので併願はできません。よって合格された方には必ず入学手続きをしていただいております。
Q6 高校既卒者にも推薦入試への出願資格はありますか? A6 公募制推薦入試及び指定校推薦入試は、高校卒業見込みの方を対象としていますので出願はできません。アドミッションズ・オフィス入試への出願は可能ですのでご検討ください。
Q7 アドミッションズ・オフィス入試(学科課題型)のメリットは何ですか? A7 本学所定の書類や「課題」への取り組み、プレゼンテーション・面接試験などをとおして、本学に対する熱意や学科に関する知識などを総合的に判断します。また、各自のさまざまな能力を生かして挑戦することができます。入試の実施時期が早いので、本学を志望されている方には多くの受験機会を得られるほか、合格決定が早いため、入学までの時間を有効に使え、入学の準備にあてられることが大きなメリットです。

海洋学部に関する質問及び回答(Q&A)

質問 回答
Q1 私は文系なのですが、海洋学部には文系の学科はありますか? A1 「海洋学部は理系」と思われがちですが、海洋文明学科と環境社会学科では、文系の勉強ができます。理系は苦手という人も、海の文化や歴史、環境問題について深く学んでみませんか。
Q2 どちらの学科にするか迷っています。 A2 学部案内に掲載されている教員紹介(研究テーマ・専門分野)や、授業科目の中から自分の興味に近いものを探してみましょう。オープンキャンパスで、先生と直接話してみるのが一番です。
Q3 どのような資格が取れますか? A3 教員免許や学芸員資格、その他にも、学科の特色に応じてさまざまな資格が取得できます。また、東海大学独自の「海洋環境士」の資格もあります。詳しくはこちらをご覧ください。
Q4 大学の勉強についていけるでしょうか? A4 基礎学力を補うための授業があります(自然を観る眼、数を観る眼、歴史を見る眼、社会を見る眼、文章表現など)。また、科目別の学習相談室を常設して、学習をサポートしています。
Q5 まだ将来の進路が決められません。 A5 海洋学部では、文系と理系にまたがる多様な分野の学問に触れることができます。実社会に直接結びつく勉強もできます。4年間の大学生活のなかで、やりたいことがきっと見つかります。