HOME > 海洋生物学科 > 最新情報

最新情報

2018.05.17

今月の一枚(赤川研究室)

海洋生物学科では、「今月の一枚」と題してほぼ毎月各研究室からの話題をお届けしています。

今月は、赤川研究室からです。

では、赤川先生から写真について一言!

こんにちは、赤川研究室です!
当研究室では魚の行動生態について研究しており、今年はアマゴとカモハラギンポ、ウナギが研究対象です。
★今回はウナギ班の研究を紹介をしましょう。
ニホンウナギは、ご存じのとおり乱獲や護岸工事などによる生息地の悪化のため大幅に数を減らし、環境省レッドデータブックで絶滅危惧種IB類に指定されています。完全養殖は実用化には至っていないため、資源の回復のためには生態の解明が必須であり、わたしたちは水槽実験やフィールド実験を行って成長期の黄ウナギにとってどのような環境がのぞましいのかなどを研究してきました。今年も冨士川支流で月数回の調査や採集をおこない、どんなサイズの個体がどのような筒(巣)に固執する傾向があるのかなどを調査します。また、水槽実験では筒を巡る個体間競争や捕食者からの逃避行動を撮影して解析する予定です。フィールドに仕掛けた竹筒が大雨で流されるなど失敗もありましたが、良い研究成果が上げられるよう日々取り組んでいきます。【岡直紀・小宮花梨】

PDFファイルはこちら


最新情報一覧