HOME > 水産学科 生物生産学専攻 > 最新情報

最新情報

2020.12.23

実験系授業の紹介(資源生物学実験)

今回は資源生物学実験の紹介です。サバやイワシ等、スーパーの棚に並ぶ魚も無限にいるわけではありません。乱獲することなく、適切な量の魚を捕まえるためには、現在どれくらいの数の魚が海にいるのかを把握する必要があります。そうは言っても、広大な海に出て何匹の魚がいるのか指をさしながら直接、数を数えるわけにもいきません。それでは、どうやっておおよその数を調べるのでしょうか。

この実験では、水産資源の管理を行う上で重要な資源量の推定方法を勉強していきます。今回お邪魔した時は、発生段階ごとにカタクチイワシの卵数を計数していました。この数をベースにどれだけの新規加入が生じるのかを推定していきます。他にも、耳石に刻まれる輪紋から年齢を推定し、これまでの成長履歴を調べる内容や、形態の微妙な違いを基に、異なる野生集団を分けるための系群判別の方法を学習する内容が盛り込まれています。水産業に関わる仕事をしたい人や水産の研究者を目指す人には必須の実践的な授業です。


最新情報一覧