HOME > 水産学科 生物生産学専攻 > 最新情報

最新情報

2020.12.17

実験系授業の紹介(魚病学実験)

今回紹介するのは、魚病学実験。水産の増養殖に直接関連する、より発展的な実験科目の一つです。魚の病気を調べるためには、原因となる病原生物の特定や、変質した患部の状態を理解する必要があります。この実験科目では、病原微生物をDNAレベルで同定するため、コロナ禍で一般の方でもよく聞くようになったPCR法によるDNA増幅を行ったり、細胞レベルで組織を観察するための切片の作成や染色方法について学びます。いずれの技術も、水産業のみならず生物を扱う研究職では重要な技術であり、4年生で取り組む卒論研究でも、幅広い分野で使われるものです。写真を撮影した時は、PCRの最中。調べたい病原生物のDNAと酵素等を混ぜて、特定の温度条件を再現するサーマルサイクラーという機械にサンプルをセットしていました。


最新情報一覧