HOME > 水産学科 生物生産学専攻 > 最新情報

最新情報

2020.12.02

実験系授業の紹介(水産・海洋無脊椎動物学実験)

春学期は、コロナ禍の影響ですべての授業形態が遠隔に制限されていた当大学も、実際に手を動かして学習する事が重要な実験系科目を中心に一部の科目で対面授業が再開されました。そんな実験系授業の中から、秋学期に開催されているものをいくつか簡単に紹介していきたいと思います。

今回紹介するのは、水産(海洋)無脊椎動物学実験。脊椎動物に比べ、無脊椎動物は非常に多くの分類群を含んでおり、その体のつくりは動物によって大きく異なります。この実験では、軟体動物門からスルメイカやサザエ、節足動物門からシャコやズワイガニ、棘皮動物門からバフンウニ、といった水産に大きく関わる無脊椎動物を実際に手にして、体のつくりをスケッチしながら詳細に観察して、その特徴や体の部位を示す専門用語について勉強していきます。外見の観察だけでなく、解剖によって内蔵などの内部構造の観察を行うと、我々とかけ離れた見た目の動物も、意外なところで共通点が見えてきます。彼らの変わった形態の理由に気づくと、だんだんと面白さが分かってくるかも…。

写真はスルメイカの解剖の様子です。


最新情報一覧