HOME > 水産学科 生物生産学専攻 > 最新情報

最新情報

2020.07.01

ヤドカリノハラヤドリとヤドカリノオジャマムシの発見

本年3月に卒業した水産学科生物生産学専攻の小山祥弥君(武藤研究室所属)が,浜名湖で採集したユビナガホンヤドカリPagurus minutusを卒業研究で観察中に,貝殻に隠れて通常は見えないヤドカリの腹部に不思議な生物を見いだしました.長澤和也先生(広島大学名誉教授)によりそれらが寄生性の等脚類のヤドカリノハラヤドリAthelges takanoshimensisとヤドカリノオジャマムシParathelges enoshimensisと種同定され,論文化されました.これらの寄生虫は採集例が少なく,国内ではヤドカリノハラヤドリは1996年の三陸から以来の久しぶりの報告で,ヤドカリノオジャマムシはわずか3例目の報告です.かれらの生態は全く謎に包まれています.
 なお,標本採集調査には浜名漁業協同組合,浜名湖村櫛遊漁組合南海荘,はまなこ里海の会,浜名湖ガーデンパークから許可・協力をいただきました.感謝申し上げます.

写真上 ヤドカリノハラヤドリと宿主
写真下 ヤドカリノオジャマムシと宿主


Nagasawa, K., S. Koyama and F. Muto. 2020a. Occurrence of the bopyrid isopod Athelges takanoshimensis on hermit crabs in a brackish water lake, central Japan. Nature of Kagoshima, 47: 27-31.
http://journal.kagoshima-nature.org/archives/NK_047/047-005.pdf

Nagasawa, K., S. Koyama and F. Muto. 2020b. Infestation of Parathelges enoshimensis (Isopoda: Bopyridae) on Pagurus minutus (Anomura: Paguridae) in a brackish water lake, central Japan. Nature of Kagoshima, 4 7: 47-50.
http://journal.kagoshima-nature.org/archives/NK_047/047-009.pdf


最新情報一覧