HOME > 海洋生物学科 > 教員紹介

教員紹介

田中 彰

田中 彰 (たなか しょう)



教授・農学博士

 

専門分野 海洋動物学、資源保全生物学
研究テーマ・研究課題 板鰓類の生態整理、深海性サメ類の生活史特性
研究内容 サメ・エイ類を含む軟骨魚類は水界生態系において高位に位置する動物です。軟骨魚類は約1100種よりなり、沿岸、外洋、深海そして淡水とさまざまな環境に生息しています。 近年における水産生物の過度の漁獲や生息環境の悪化などで多くの軟骨魚類もまた減少傾向にあります。 しかしながら、それらの生物学的な知見は乏しく、適正な漁獲量や生息域の保護を図ることができない現状にあります。 本研究室では駿河湾を中心とした沿岸・深海域および亜熱帯のサンゴ礁域に生息するサメ類を対象に、それらの分布、繁殖、年齢・成長、食性、種間関係、豊度などの生態学的問題や、 環境への適応現象、多様性、特異性などの生物学的問題について調査研究し、それらの海洋生物資源としての持続的な利用と管理および保護に関する基礎的知見の充実を図っています。

担当授業科目 海洋生物学概論、保全生物学、大型海洋動物
受験生へのメッセージ あなたの好きなことは何ですか?スポーツ、音楽、ゲームと人さまざまですね。 でも好きなことをするときには熱中し、うまくなりたいと努力しますね。 将来、好きな職業で働きたいと思っているならば、その好きな職業についてしっかりと調べてみましょう。 自分に何が必要かをよく調べて、それに向かって頑張ってみましょう。