HOME > 海洋生物学科 > 最新情報

最新情報

2018.11.13

今月の一枚(中山研究室)

海洋生物学科では、「今月の一枚」と題してほぼ毎月各研究室からの話題をお届けしています。

今月は、中山研究室からです。

 では、中山先生から写真について一言!

中山研はこの4月にでたばかりの新しい研究室です.分類学と形態学を軸に魚類の多様性を研究しています.今回ご紹介する写真は,小笠原で採集した魚類を標本にしている風景です.
 海洋生物学科では,毎年5月から6月ごろに海洋実習3を開講しています.3年生を対象としたこの実習では,実習船「望星丸」に1週間乗船し,小笠原の母島を目指します.航海中は,プランクトンネット,探鯨,釣り,トローリング,海洋観測など,実習項目が目白押しです.小笠原近海の豊かな海をフィールドに,普段目にすることのない海洋生物の多様性や生態を学ぶことができます.
 さて,私の専門とする分類学では,標本が研究の要となります.しかし,できたばかりの当研究室には,標本のコレクションがまったくありません.そこで,実習で採れた魚や近くで釣ってきた魚などをコツコツ集め,学生と一緒に標本にしています.標本は,それが採集された際に,その生物がその場所に生息していた直接的な証拠になります.このような標本データの蓄積から,種の分布域や形態学的な特徴の輪郭が明らかになっていきます.

PDFファイルはこちら


最新情報一覧